選挙対策としてのSNS発信


世論調査でも若い世代の政治情報の取得は「インターネットから」が多数を占め、SNS発信を目にすることで政治に疑問や興味を抱く方が多くなりました。特にコロナ禍においては対面での会話が難しく、街頭演説でも密をさけるために現地に集めることはせずにオンライン視聴を勧める等、今までにない選挙戦となりました。今後はどんどんその傾向が強くなっていくのだろうと思いますが、それでもまだ、今はテレビや新聞が情報取得源の主流となっています。SNSを活用している世代と活用していない世代とのギャップがどんどん拡がっていく感があります。しかもこの差は驚くほどあると感じます。100か0かほども違っています。もちろんSNSだけやっていても選挙には勝てないですし、対面対話での支持の訴えは絶対になくなりません。対面対話は政治活動の基本だとも思います。SNSをしている世代からすると全くSNSを活用していない候補者は存在していない、選択肢にすら挙がらないと認識する必要があると思います。
選挙前、選挙中「だけ」の発信は有権者から見透かされます。政治的なことだけではなく、日常ふと感じたこと、ちょっとした会話なんかでも発信すると、候補者の存在をより身近に感じてもらえます。なによりも有権者に「伝えたい」「伝えよう」との気持ちがなかったら続かないのではないでしょうか。文字で表す、文章で表現することに得手不得手はありますが、議員としては当然持つべきスキルだと思いますので、訓練しかないかと思います。

勘違い、失言などで炎上してしまったら言い訳をせずに誠心誠意謝れば済むことです。炎上を恐れたら、SNSでは何も言えなくなります。「炎上して一人前」とおっしゃる方もおりました。候補者として一番恐れなくてはならないのは誰からも存在がない物として、空気の様な扱いをされてしまうことです。炎上はそれだけ発言に注目されているとの証だとも思います。もちろん、発信には正確な情報、言葉遣いなど日常生活での会議での発言と同じことだとの認識も必要だと思います。

悪名は無名に勝る?


「悪名は無名に勝る」との言葉があります。どんなに悪名でも無名よりは知名度がある分、選挙では勝つとの言葉ですが、私はあまり良いイメージはありません。知名度だけ上がれば当選できるとなれば、タレント候補が乱立し、選挙中は政策よりも名前連呼が優先されるようになります。もちろん名前が知られていないよりは知られている方が有利です。しかし、炎上や注目を浴びる目的で過激な言動を繰り返すのは一時は注目を浴びますが、すぐに飽きられ、いずれ忘れ去られるでしょう。
最近では「有名人」ってだけでは当選できなくなってきていると感じます。YouTubeが一般的に普及し、誰でもオーディションや所属事務所などを経ずに簡単に画像配信できる様になったこと。候補者もお金をかけずに動画配信できるようになりました。だからこそ、有権者の目も肥えてきて、注目目当ての候補者を面白半分には見ても、投票までには至らないという状況が生まれ始めています。やはり王道ですが、しっかりと地に足を着けて、地道に地域へ出て対話と政策をお話し、ニュースを発行し配布する。これが長く支持されることにつながるのだと思います。
日本共産党の議員、候補者もだいぶ「以前とはイメージが違う」との声が寄せられるようになりました。SNSの普及などで日常を紹介したり、「お堅いイメージ」(実際はそんなことは無いのですが)の議員と有権者の距離が縮まった結果ではないかと思います。本来、議員とはその地域の代表者です。地域の方と対話ができないような方はそもそも議員失格ではないでしょうか。駅頭に立って演説している候補者に「東京五輪どうするのですか?」と聞いてたところ無視をされたとある有権者に聞きました。「賛成なら賛成」「反対なら反対」とはっきり有権者に示すべきではないでしょうか。都合の悪いことには回答しないというのは候補者としてはやってはいけない、有権者への裏切り行為の一つだと思っています。笑顔が良いからなんてだまされると裏切られる結果となります。

祝・藤田りょうこ候補トップ当選


選挙中ご声援いただきました区民の皆様には感謝申し上げます。日本共産党の藤田りょうこ候補は34,328票を獲得し、2位候補に5,000票近くの差で1位当選を勝ち取りました。前回から得票は減らしましたが、投票率が過去2番目に低く下がったのと、日本共産党は前回2名から今回1名に候補者を絞りました。今回から大田区は定数が8名から7名に減ったことも大きく起因します。これまで経験のないコロナ禍での選挙で、集会が思うように開けず支持者と意思の疎通を図る困難さもありました。
大田区の都議会議員構成は改選前の自民3、公明2、都ファ2、日本共産党1⇒自民1、公明2、都ファ1、立憲1、維新1、日本共産党1との構成に変わりました。オール小池都知事与党に対抗する勢力が日本共産党の1名から立憲民主党と合わせて2名に増えたことの意義は大きいと思います。
自民党は現職2名、元職1名の合計3名で選挙に臨みましたが当選1名は大惨敗との結果でしょう。特に鈴木あきひろ都議は都連の現幹事長です。大物幹部の落選です。ここのところ自民党は「とてもその人数は受からないでしょ」という候補人数を立ててきます。誰が受かるか?よりも、互いに競い合わせ、保守票を掘り起こす作戦の様に見えます。実際、候補者からしたらたまったものではありません。(私も候補者なので気持ちが分かります)政権維持のために使い捨ての様にされたら候補者の不満は溜まり、これが繰り返されれば組織は疲弊していくのではないでしょうか。まあ他党の選挙戦略なので私がどうのこうの言う筋合いのものではありませんが。
公明党は2名当選させたのは凄いように見えますが、大田区議現職2名を辞職しての都議立候補です。つまり2年間は12名から10名に減った状態で区議会運営に当たります。また、立候補した区議の地域は2年間担当区議が居ない空白地域となります。決して無傷ではないということです。
日本維新の会が議席を獲得しましたが柳ヶ瀬参議院議員の区議時代からの強固な地盤があり、他の地域からの大量動員がされ運動量は大きなものがありました。しかし他の選挙区を見ても議席獲得できたのは大田区のみでしたから、日本維新の会自体が支持されたとは言えないでしょう。
必ず今年10月までには解散総選挙があります。東京都議選はその行く末を占う選挙として各党幹部クラスが何度も応援に入り、国政選挙並みの力を入れる総力戦でした。日本共産党は現有18から19議席へと伸ばして頂き3回連続の躍進は実に半世紀ぶり。コロナ禍で都民に寄り添い地に足を着けて活動してきたことが評価、支持されたのだと思います。
選挙が終わったら終わりではありません。選挙が終わったら選挙中掲げた公約実現のためのスタートです。藤田都議とともに公約実現のため奮闘してまいります。

女性候補は選挙に強い?


「女性候補は選挙に強いのだからもっと候補者を立てたら良い」とのご意見を頂きました。
日本共産党は今回の都議選で19人当選者の中で14人女性でした。2年前の統一地方選挙では、日本共産党の新人候補のうち女性候補が8割の当選率だったのに対して男性候補は4割しか当選できませんでした。これにはいろいろな要素があると思います。単純に女性、男性だけとの事では語れない部分はあると思いますが、政治不信が高まると清潔なイメージがある女性候補の方が間違いがないとの判断があるのでしょうか。また、日本共産党以外の政党はまだまだ、女性候補者が少なく女性候補は相対的に目立つという利点はあると思います。
女性候補者が増えない限り女性議員は増えて行きません。そこで「じゃあ女性候補者を増やせば良いじゃないか」との意見になっていくのだと思いますが、そうは簡単ではないのです。候補者になると言うことは公人として住所や生い立ち、家族構成など明らかにし、街中に自分の顔がポスターで貼り出されます。それだけでも相当なハードルですが、女性候補者は男性候補者よりも、より家族や周囲の理解と協力が必要となる現実があります。子育てをしていれば何気ない「子どもは大丈夫なの?」そんな言葉一つで傷つきますし、男性候補者はまず、そんなことは言われません。さらに候補者は「票ハラ」(1票をチラつかせて自分の要求をする)を受けたり、「パワハラ」女性候補はこれに「セクハラ」(1票をチラつかせて体を触られる等)も加わります。抗議をすれば「そのくらいの事でガタガタ言うなら当選なんかできないぞ」と逆切れされる。「ダメなものはダメなんだ」こういった当たり前のことが根付かない限り、いくら良い女性候補が見つかったとしても引き受けてはもらえません。
候補者は机上の駒ではありません。それぞれに人生があり、家族がおり、友人がおり、仕事があります。候補者一人一人を大切にできなければ女性候補者も当然増えて行かないのです。女性候補者数は党の女性に対する考え方を映す鑑なのだと思います。

ややこしい選挙制度その2


選挙はとにかくややこしい。以前、ポスターの掲示について書きました。
次はビラと宣伝について。憲法で「政治活動の自由」が認められています。選挙期間以外の選挙活動は事前運動と言って公職選挙法で規制をされています。では、政治活動と選挙活動との違いは何でしょうか。直接投票を呼びかける行為は選挙活動になります。「私○○へ清きあなたの一票を」なんて言ってしまうのは完全にNG。「私は議員の○○です」は自分の名前を名乗っているだけなのですから政治活動の範囲でしょう。名前だけの連呼はNGなのでしょうけれど。
ビラも「○○選挙予定候補」「必勝」など選挙をにおわすワードはNGとなります。これらの名称を使ってビラを作る場合は「部内資料」などを付けて後援会やサポーター登録をされている特定の方へしか配れません。街頭演説も度々「許可取っているのか」と勘違いをされますが警察への許可は要りません。著しく通行の妨げとなるような場合は許可が必要となりますが、通行を妨げずに、道の真ん中で堂々と宣伝をしていないのであれば許可は必要ありません。ティッシュ配りもいちいち許可は取りませんからね。
ネット選挙が解禁され、ネット上でも制限はありますがそこは割愛します。
選挙本番中は証紙の貼った枚数が決められたビラしか顔と名前の入ったものは配れません。しかも宣伝カーの音の聞こえる範囲とのヘンテコなルール。どれもこれも本当に分かりにくいルールです。やはり、分かりにくくして新規参入を減らしたいとの思惑があるのではないかと疑ってしまいます。

どうして投票に行かないのか


先日、20代の女性と街頭でお話をしたときに「選挙には行きません」との事でした。「どうしてですか?」その訳を聞いたところ「正直、政治って何が良くて何が悪いのか分からない。複雑にした人たちが悪い」と言っておりました。なんて答えれば良いのだろうか。ただ、一つだけ。徹底的に政治を単純化して敵と味方に分かりやすく分類。圧倒的支持を得て首相になった人がいます。それはナチス党のヒットラーです。
もちろんなるべくわかりやすい言葉で簡潔に政治を伝えていくことは必要だと日々感じています。専門家しか通じない用語やカタカナ言葉を多用する方は、私は昔から疑っております。本当の専門家と言うのは分かりやすい言葉で説明することができるからです。特にいろんな方の理解を得ることが必要な政治家がわざわざカタカナ言葉を多用する時は何かを隠したいとき、又は「自分はこんな用語まで使えるんだよ」とこちらの顔が赤くなるほどアピールしたいだけなので、後者はほおっておいて、前者の時は要注意だと思います。
話がそれましたが投票に行かない理由の大きな一つは「分からないから、そして失敗したくないから」だと思います。決して「一番支持を得ている自民党が正しいわけではない」というのはなんとなく分かっているのだと思いますが、じゃあその代わりに支持できる政党はあるのだろうか・・・。そこで止まってしまうのではないでしょうか。周りに選択を馬鹿にされたくはない。だから「どこにも投票しない。面倒くさいから選挙には行かない」になってしまっているのではないでしょうか。
各党、選挙前には公約を必ず出しています。例えば自分が最も興味のある政策、それを比較してみてはどうでしょうか。それでも良く分からない場合は次の政策を比較してみる。極論を言いますよ。それでも分からない場合はポスターの印象で決めて、その候補者に投票してみてはどうでしょうか。別にどこへ投票したかは公表する必要はありませんので。
「おいおい、随分、乱暴なことを言っているな」とお思いになったことかと思いますが、一度選択し投票すれば決めた経緯はどうであれ、その後、その候補者が当選すれば議員としてどんな活動をしているのかを投票した方は気にするようになります。先ずはそこで政治への監視が生まれます。思った通り働いているようであればOKです。選択は間違っていなかったと言うことです。しかし自分の思ったようには働いていないと思った場合は遠慮なく次の選挙で対抗している候補へ投票しましょう。そして駅前などでその議員が宣伝していたら「あなたの○○に期待して投票したのに裏切られました。次の選挙では△△さんに投票します」とはっきり伝えましょう。「ちゃんと見ているよ」と伝えること。それが政治家に緊張感を持たせ政治の暴走を防ぐ手立てだとも思います。とにかく選挙には必ず行きましょう。社会的地位や所得に関わらず有権者であれば誰でも1票は1票。理不尽な世の中ですがこれだけは間違いなく平等です。

野党連合政権は遠のいた?


先日、立憲民主党の枝野代表が連合の会合で「日本共産党との連立政権はない」と発言し、この部分のみがクローズアップされ報道されました。なんだか野党連合政権は破綻しているかの様な論調です。果たしてそうなのでしょうか。党が違うのですから党の方針や考えが違うのは当たり前です。小異を捨て大同にまとまろうとしていることが前提です。
この発言を良く読んでみると日本共産党との選挙協力は行う(もちろん一方的に日本共産党の候補者をおろすことではない)連携は今後もしていくとの発言です。これは今までと全く矛盾していませんし、日本共産党は「閣内閣外協力にこだわらない」とはっきり態度表明していますので閣内協力前提の「連立」内閣には加わらなくてもこれまでの関係が決裂していることの証左では無いのです。
一方で、さんざん選挙協力させてご褒美?の「大臣の椅子」がもらえないのでは日本共産党はかわいそう等の声も聞かれますが、そもそも日本共産党は大臣の椅子欲しさに何か方針を変更するということはありません。普段から無償で宣伝行動や生活相談をしている党が何かの見返りを条件に「やる、やらない」との判断はしていないのです。「見返りは民主主義」と小池さんが言いましたが格好つけているわけではないのです。ただし、「日本共産党が一方的に候補者をおろすことはしない」と明言もしています。今回の枝野代表の発言については全く日本共産党員は動揺していませんよ。昨年の都知事選や都議補選でもがっちりと選挙協力をしましたから、現場レベルではその発言一つでどうこうと言うこともありません。
今回の東京都議会議員選挙でも少人数区で各々現職の都議がいる区には原則候補者を立てていません。例えば、日本共産党の現職の居る豊島区や北区には立憲民主党は候補を立てていません。また、中野区などでは日本共産党は候補者を立てていません。大田区などの多人数区は現職がいるいないに関わらず、互いに候補者を立てて切磋琢磨し、自公都民ファの議席を一つでも立憲野党が奪還するぞとちゃんと住み分け、選挙協力を行っています。
もうこの野党連合政権への流れは外野がつぶそうとゴチャゴチャ言っても止められません。市民の切実な要求なのですから。

大田区の手厚いワクチン接種サポートの訳は


ワクチン接種の高齢者に対する予約では混乱が起こり「電話がつながらない」「高齢者がインターネットなどできるわけがない」その他多くの苦情が寄せられました。先日、日本共産党大田区議団、及び日本共産党大田地区委員会は区長に「高齢者がスムーズにワクチン接種予約ができるように区として最大限のサポートを」と申し入れを行いました。そこで副区長より「予約の済んでいない高齢者1人1人に電話をして予約の空きを案内し、その場で予約も取ります」との返答があり大変驚きました。「普段は、こんな手間のかかることをやりたがらない大田区がなんて手厚いサポートなのだ」と感動すらしたものです。しかし、よく考えたら高齢者のワクチン接種の完了時期を政府から7月末に設定され、達成できなかった自治体は菅首相と大臣たちに睨まれるのかな?いつも政府に対しては絶対に「No」とは言わない優等生の大田区ですからね。こんなきめ細やかなサポートができるのであれば、営業が立ち行かずに苦しんでいる飲食店やその他の事業者1軒、1軒電話でも訪問でも現在の状況を聞いて必要な措置を講じる手立てを取ればもっと信頼が寄せられる大田区行政となるのに。
そして東京都は先日、都主催のオリンピックのパブリックビューイングは中止すると発表しました。大田区では大田区総合体育館で800人規模のPVを行う予定でそれは未だに(6月20日現在)撤回をしていません。私達が様々な要求を出すと「それは東京都の方針だから」と突っぱねるのにこれだけは東京都の方針に逆らうのですね。
大田区は区民あっての区です。区民の要求を丁寧に聞き取り区民にとって今、何が必要なのか?区がやるべきことは何か?をもう一度問い直すべきではないのでしょうか。

選挙における「車長」と言う名の仕事


選挙にはいろんな方が関わります。電話をかける人、ポスターを貼る人、ビラを配る人、事務所に来る方を接客(応対)する人、その他さまざまな方。選挙カーは選挙の華とも言えます。選挙期間中、唯一音の出せる存在で候補者もこの車に乗って訴えをすることがほとんどだと思います。
その中に「車長」との役割があるのをご存じでしょうか。アナウンサーやドライバーは何をやるのかはっきりしています。もちろん候補者も。では車長って何をする人なの?多くの方は初めて聞く言葉ではないでしょうか。「社長」ではなく「車長」。それは道案内をしたり、タイムキーパーの役割をしたり、演説の準備をしたり、アナや候補者の要望に応え不足なものを購入に走ったり、時には候補者を守る盾となったり。要するになんでも係ですね。本部と連絡を取りトラブル処理にあたったり。やることが多岐に渡るため臨機応変、その場の対応力が試されます。順調に行くなんて方が珍しい。演説中に妨害にあうなんてことも珍しくはありません。車内でも暗い雰囲気にならないよう、明るくすることも大切です。
私は地区委員会の勤務員ですので選挙のたびに車長として乗車します。雨の多い時期の選挙は一番嫌ですね。天気ばかりはどうしようもありませんから。
今のところ参議院選、都知事選、都議選と6月~7月の選挙になるので東京の選挙は常に雨との闘いでもあります。

投票率の低い地域はどうして生まれるのか


選挙があると必ずどの地域が投票率が高く、どこが低いのかが発表されます。2020年の都知事選挙では投票率大田区全域でのワーストが東糀谷3丁目、次が羽田旭町、羽田1丁目との順番でした。これにはいろいろな理由があるのだろうと思います。羽田旭町、羽田1丁目は私の活動地域で、私の家の近所でもあります。一つは駅が近い地域で、投票所が駅より離れているという点です。期日前投票所も駅を越えて行く、または駅とは反対側へ行かなくてはなりません。働いている方にとっては不便ですし、億劫なのだろうと。しかし、このような立地は他の地域でもたくさんあります。
もう一つは駅に近い地域では単身の方が多く住んでおり、特に都政や区政について「誰がやっても一緒」の様な感覚があるのではないか。また、羽田空港に近く空港で働いている方が多いのも特徴です。全国から集まって来ますから地元出身の方が少なく、あまり地域のことに関心が薄いのではないかと言うことです。
そして、なぜか羽田・糀谷地域には今回(2021年)都議選に立候補する方は住んでいません。西糀谷と北糀谷に都議がおりましたが今回の選挙で引退をするそうです。羽田地域、西糀谷地域には都議どころか区議もいないという地域になります。都議や区議の居ない地域ではどうしても目に見えるもの(宣伝やビラ、ポスターなど)が少なくなりますし、普段の活動も身近に感じられません。そのような影響もあるのかもしれません。
どの党を支持するかに関わらず、投票率が低いことは残念なことです。どうしたら地域の投票率を上げられるのか。答えはありません。コツコツと地道にノックを続けていくしかないのかなと思いながら日々活動しています。